【阪神2部リーグ】第2節 試合結果

@芦屋学園グラウンド

VS報徳学園B

4(3-0)0

59′ IN DF中島

OUT DF藤丸

60′ IN DF湯川

OUT DF日笠

63′ IN FW門川

OUT FW後藤

65′ IN DF頭井

OUT MF水落

4′ 14番田中が得点

17′ コーナキックから10番宮内が得点

20′ PKにより7番濱口が得点

57′コーナキックから7番濱口が得点

前節と同様、怪我人が多いと言うこともあり、それに加えて風邪を引いて休んでいるメンバーもおり、思うようなメンバーで試合に臨むことはできませんでした。しかしながら、今できるメンバーでやれることを最大限やろう、この厳しい状況をチームで一つになり乗り越えようと話し合い、いつもと同様、チーム戦術を話し合い、アップから盛り上げて試合に臨むことができました。

前半開始早々から、DFラインを上げ守備をコンパクトにして、ハイプレスで相手にプレッシャーをかけに行きました。すると前半開始早々相手コート中盤で20番樋口がボールを奪い18番谷にパス、その動きにいち早く反応していた14番田中に落とし、14番田中がPAに侵入し左足でシュートを放ち1-0となります。ここから、さらに守備の強度を上げ声を掛け合い2点目を狙いにいきます。

ハイプレスで相手がボールロストをする回数が増え、何度かチャンスになりますが、決め切ることはできません。前半1718番谷の仕掛けからコーナーキックを獲得し、これを10番宮内が競りがち追加点を上げます。ここで集中を切らさずに3点目を狙いにいきます。すると前半20分コーナーキックからのこぼれ球に樋口が反応してシュート18番谷の元にこぼれ、PAエリア内で倒されPKを獲得これを7番濱口が落ち着いて決め3点目となります。

ここでも甲南は満足することなく追加点を狙いにいきます。何度か決定期を迎えますが決めきることができません。ここで前半が終了します。

ハーフタイムでは

・自分たちのサッカーができてるし相手には、何もやらしてない

11負けないでおこう

・ワンツーの対応をしっかりしよう

・マークを遅れずに付いて行こう

と話し合い後半に臨みました。

後半開始早々運動量が落ち、マークが外れ何度かピンチを迎えますが、GKDFラインを中心に守り、声を掛けます。ここから、運動量が落ちセットプレーのこぼれ球のファーストディフェンスが遅れたり、GKとのコミニュケーション不足からピンチを招きますが、失点には繋がりませんでした。ここから一進一退の攻防が続きます。

後半22分コーナーキックから2番宮内の折り返しに、7番浜口が押し込み4点目となります。ここで、甲南は選手を入れ替えます。普段慣れない選手の投入で何度かピンチを招きますが10番宮内が身体を張ったディフェンスで、決定期を防ぎます。ここから何度も攻めますが最後のところでボールが繋がらず、ゴールまで行けません。このまま時間が過ぎ、試合終了となりました。

スコア的に見れば4-0と良く、前半開始早々に点を取れ、前半で3点取れたのは大きかったのですが、後半では体力が持たずにチーム戦術の守備の強度が下がり、前半のようにうまく行かず、マークを外すことが多くなったり、ワンツーの対応に遅れることなど、課題が多く残る試合となりました。しかしながら、限られたメンバーの中で無失点勝利出来たことは、良かったのかなと思います。この結果に驕らず、日々の練習から見つめ直し、限られた時間の中で、質の高い練習をして行こうと思います。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、会場運営をしてくださった芦屋学園高校様、対戦してくださった報徳学園高校様ありがとうございました。

市内リーグ(第二節)の結果です。

2月11日(火) 芦屋中央公園グランド
vs 芦屋学園FC
2 ( 1 – 0 ) 4

B戦
vs 山手中学校 B
1 – 0
vs 芦屋学園FC B
0 – 1

市内リーグでも上位チームとの対戦ということで、みんな非常に気合いが入っていました。試合は前半から相手ペースということで、守ることが長く耐える時間に多く割かれることとなりました。そんな中、ワンチャンスをものにして、セットプレーから先制点を奪い、前半を終了します。
後半はさらに相手からの猛攻が続き、立て続けに2点奪われ逆転されます。しかし、そのあと1点を返し、同点のまま終盤にさしかかります。このまま終わるかと思いましたが、一瞬の隙をついて勝ち越し点を奪われ、結果負けてしまいました。
最後までしっかり戦えたのは非常に大きな収穫でしたが、やはり勝敗にこだわりたいということから、この負けは素直に「悔しい結果」となりました。次の試合はしっかり勝てるように、練習をしていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

【阪神2部リーグ】第1節 試合結果

@西宮今津高校

vs尼崎西高校

2(0-0)0

38′ 20番樋口のスルーパスに18番谷が抜け出し得点

70′ カウンターから14番田中が得点

リーグ戦初戦ということもありいつも以上に気合を入れ試合に臨もうとしましたが、怪我人が多いと言うこともあり、思うようなメンバーで試合に臨むことはできませんでした。しかしながら、今できるメンバーでやれることを最大限やろうということを話し、アップ前にチーム戦術を話し、アップから盛り上げて試合に臨むことができました。
前半開始から甲南の強みであるショートパスでリズムを作っていきます。前半何度か10番宮内のロングフィードからチャンスになりますが、決め切ることができません。一方相手チームのカウンターからチャンスを作られますが、DF・GKを中心にシュートまで行かせません。
何度かコーナーキックから危ない場面を迎えますが、なんとか弾き返します。前半終盤14番田中のスルーパスに18番谷が抜け出し決定期を迎えますがこれを決め切ることができずに前半が終了します。
ハーフタイムでは
・自分たちの思うような守備もできてるしボールも支配できてる。
・中盤でボールを持った時に動き出しをもっと増やそう
・球際は前半の強度を続けて強くいこう
・もっと盛り上げて後半に臨もう
と話しハーフタイムを終えました。
すると後半開始早々20番樋口のスルーパスに18番谷が反応しこれをしっかり決めきり1-0となります。
ここから勢いに乗った甲南は守備で思うように相手にボールを回さして狙いどころで取ることができ、ハイプレスで奪いに行くところでは、奪いに行きショートカウンターを仕掛けることができ、完全に試合を支配してゲームを進めることができました。何度か不必要なファールからのセットプレーでピンチを迎えますが、身体を張った守備で守りきります。後半終了間際相手のコーナーキックからカウンターを仕掛け7番濱口が倒れ込みながらもパスをつなぎ、26番信定が前に仕掛け落ち着いてラストパスを送り、14番田中がこれを落ち着いて決め2-0となり試合が終了しました。
今回は、チーム戦術の守備をうまく機能させることができ、またベンチからの声かけ、サポートもしっかりしていてチーム全員で勝ちに行くことができました。
これを継続して続けていけるように日々の練習からしっかり取り組み、次節へ準備していきたいと思います。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、会場運営をしてくださった西宮今津高校様、対戦してくださった尼崎西高校様ありがとうございました。

練習試合の結果です。

2月1日(日) 潮見中学校グランド
vs 芦屋市立潮見中学校

A戦
0 ( 0 – 0 ) 0

B戦
0 ( 0 – 1 ) 1

潮見中学校は、同じ市内リーグで戦う相手であり、リーグ戦でも中学総体でも避けて通れない相手です。前哨戦としての試合でしたが、勝ちきることができませんでした。ボール支配率が高かっただけに、残念な結果です。この結果をもとに、次の練習からがんばっていこうと思います。

今回試合をしてくださった潮見中学校の皆様、ありがとうございました。

U13選手権大会芦屋予選決勝戦の結果です。

1月25日(土) 芦屋総合公園グランド

vs 芦屋学園FC

0(0-1)5

 

試合は終始相手ペースで進み、試合を通して自分たちのサッカーができませんでした。前半は1失点でなんとか切り抜けましたが、後半早々失点をし、その後うまく立て直すことができず、そのまま失点を重ねてしまいました。

残念ながら今年度は芦屋市内予選で敗退となりましたが、次年度は県大会に行けるように、日々練習を重ねていきたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします。

練習試合の結果です。

 

1月19日(日) 甲南大学六甲アイランドグランド

vs 明石市立野々池中学校

A戦

1 ( 1 – 1 ) 1

2 ( 1 – 2 ) 4

B戦

1 ( 1 – 1 ) 1

0 ( 0 – 1 ) 2

 

野々池中学校は、今年度の新人戦で県大会ベスト8に進んだ強豪チームです。試合は自分たちのいいところもありましたが、終始ボールを支配され、なかなかうまくいかない場面が多くありました。自分たちの課題も見え、非常に充実した試合でした。

今回試合をしてくださった野々池中学校の皆様、ありがとうございました。

U13選手権大会芦屋予選 1回戦の結果です。

1月18日(土) 芦屋総合公園グランド

vs 芦屋SC

0(0-0)0

PK 5-4

 

なんとか接戦をものにして、勝利することができました。

次の25日(土)に決勝戦が行われます。応援よろしくお願いします。

【兵庫県新人戦阪神支部予選敗者復活戦】 1回戦

@市立西宮高校

VS県立伊丹高校

1(11)2

 

50′ IN MF植村

 OUT MF

5′ 相手のクロスから失点

11′こぼれ球から7番浜口がシュートを打ち得点

71′相手コートの位置からのフリーキックで混戦になり失点

 

 

相手は昨年阪神1部リーグに所属し、県リーグ参入戦まで行っていた県立伊丹高校。前回の3回戦と同様に厳しい試合展開になるのは全員がわかっていましたが、全員が前回の内容試合の雰囲気で臨めば自ずと結果が出ると信じていつも通りまずはアップから全員が声を出しチームの雰囲気は良く準備を進めました。試合開始前にセットプレー、クリアの位置、セカンドボール、球際、プレスのかける位置などを話し合いキャプテンを中心に声を出し試合に臨みました。

前半が始まり県立伊丹高校は早いプレスでボールを保持さしてくれませんでした。土のコートとということもありイレギュラーなボールの動きからトラップミスなどが起こり甲南の武器であるショートパスが繋がりませんでした。

相手はシンプルに裏にボールを蹴りキーマンの選手や足の速い選手を活かす戦術で攻め込んできます。前半5分裏のボールの対応をしてラインをあげるのが遅れたり全員が裏のボールに反応してラインを同時に下げることができずにDFMFの間に間延びが生まれそのスペースを使われサイドに出されてクロスを上げられて点を決められてしまいます。

しかし前半11分甲南はセットプレーのこぼれ球から7番濱口が反応しシュートを決め11に追いつきます。

ここから勢いに乗りたい甲南ですが相手の手堅い守備の陣形をサイド攻撃から崩すことができず思うように攻め込めません。ここから一進一退の攻防が続き前半が終了します

ハーフタイムには

・もっとサイドでは思い切ってやりきろう

・相手はプレッシャーが早いからあまりボールを回せないだからセカンドボールを拾ってチャンスを作ろう

・ラインの上げ下げを早くするなどを話し合い後半に臨みます。

後半開始後も相手は早いプレスでプレッシャーをかけてきます。対する甲南はセカンドボールを意識し始めチャンスを何度も作りますがシュートまでいけません。

後半終了間際絶好のチャンスを迎えますが決めきれず得点には至りませんでした。

そうするとロスタイムハーフウェーラインから相手のフリーキックからゴール前で競り合いこぼれ球から決められてしまい試合が終了してしまいました。

最後のワンプレーで集中が切れてしまい得点を決められ悔しい負け方をしてしまいました。

この試合で自分たちの甘さが目に見える結果でたのでこれは普段の生活細かいところから見つめ直していかないといけないと思いました。

また、サッカーの面では決定力の強化という課題が見つかったので次のインターハイ・選手権までに克服し、いい結果を出したいと思います。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、会場運営をしてくださった市立西宮高校様、対戦してくださった県立伊丹高校様ありがとうございました。

【兵庫県新人戦阪神支部予選】3回戦 試合結果
@関学第4フィールド
VS県立西宮
1(0ー0)2

41′IN FW信定
OUT MF樋口

61′IN DF矢持
OUT FW橘田

71′IN DF中島
OUT DF藤丸

46′ コーナーキックのこぼれ球を打たれ失点

55′ コーナーキックから失点

60′ 9番橘田が得点

阪神支部予選3回戦これを勝てば阪神地区ベスト8県大会への切符を手に入れることができる試合でした。相手は県リーグに所属し、選手権準優勝校の県立西宮高校。厳しい試合展開になるのは全員がわかっていました。まずはアップから全員が声を出しチームの雰囲気は良く準備を進めました。試合開始前にセットプレー、クリアの位置、セカンドボール、球際、プレスのかける位置などを話し合いキャプテンを中心に全員が声を出し試合に臨みました。前半県立西宮高校はFWの動き出しからスペースを作りシンプルに裏へのボールを蹴ってきます。これをDFライン中心に声を掛けCB 宮内、鮫島を中心に弾き返し、セカンドボールを拾いカウンターで攻め込みますが相手の固い守備に阻まれシュートまで行きません。序盤はセカンドボールの拾い合いで両校共にボールを保持できませんでしたが、相手は県リーグ所属チームなのでだんだんとボールを保持されるようになってきます。前半中盤自分たちのミスから何度か攻め込まれますが、DFライン、キーパーを中心に身体を張り簡単にシュートを打たせません。前半終盤甲南は競り合いからのセカンドボールを拾い繋ぎ出すことができボールを保持できるようになります。しかし決定期を作ることができず前半が0ー0で終了します。ハーフタイムには
・サイドバックはもっと運動量を上げパスコースをいち早く作る
・攻撃はシュートをもっと打っていく
・セカンドボールを拾い落ち着いて繋ぐ
などを話し合い全員が声を出し後半に向かいました。
後半開始早々サイドからの攻撃でチャンスを何度か作りますが、シュートまで行けずボールを奪われます。ここで全員が瞬時に切り替えすぐボール奪い返しに行きます。このまま一進一退の攻防が続き、何度か決定的なシーンを作られますが2番宮内が決死のスライディングで相手にシュートを打たせません。しかし後半11分コーナーキックからのこぼれ球を押し込まれてしまいます。気持ちを落とすことなく点を返す為に声をかけチームを盛り上げます。
しかし、後半20分またもやコーナーキックから失点してしまいます。この時点で0ー2になりますが誰一人と諦めずに得点を狙い続けます。すると後半25分10番田中のサイドチェンジから3番藤丸が縦に仕掛け7番濱口がクロスを上げ11番信定がスルーし9番橘田がシュートを打ち得点し1-2と1点差に詰め寄ります。勢いづき立て続けに攻めます。すると後半終盤相手コート高い位置でフリーキックを貰いゴール前にボールを入れます。競り合いのこぼれ球から7番濱口がシュートを打ち同点になったかと思いましたが、県立西宮高校の決死のディフェンスにより得点には至りませんでした。
このまま得点は入らず試合は終了してしまいました。
県リーグ所属チーム相手に自分たちがここまでやれたことは自信になりましたが、改善すべき点はまだまだあり、これを継続して続けていかないと意味がないと思いました。県大会出場への切符は敗者復活戦での結果次第となりました。敗者戦1回戦に向けて最高の準備をしていこうと思います。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、会場運営をしてくださった関西学院高校様、対戦してくださった県立西宮高校様ありがとうございました。

【兵庫県新人戦阪神支部予選】2回戦 試合結果
@伊丹北高校
VS尼崎工業高校

3(1-0)0

7′ コーナーキックから7番濱口が競り勝ち得点

37′コーナーキックから7番濱口が競り勝ち得点

57′コーナーキックから2番宮内が競り勝ち得点

新チームになってからの初めての公式戦でした。阪神地区予選では自分達に、シード権があり2回戦からの対戦でした。初戦は雰囲気が大事と考え、アップから全員で声を掛けていき、チーム戦術、セットプレーの守り方攻め方を念入りに話し合い全員がアップから良い雰囲気で試合に臨めました。
立ち上がりから甲南はショートパスを使いながらゲームを支配していきます。前半6分前日の練習で意識していたコーナーキックから7番濱口が競り勝ち得点が入ります。そこから勢いが増しますが、チーム戦術で重要なサイドバックのポジショニングが悪く思うようにテンポ良くパスが回りません。
中盤で何度か取られカウンターを受けますが、2番宮内を中心に守ります。ハーフタイムに入り声をもっと全員が掛けよう、サイドバックのポジショニング、シュートをもっと打っていこうと話し合い後半に入ります。
後半2分またもやコーナーキックから濱口が競り勝ち追加点。後半22分にもコーナーキックから2番宮内が競り勝ち得点。追加点を取りに行きますが決定的なシーンは無くそのまま試合終了となりました。
前日の練習から意識していたコーナーキックは結果が出たのでこれは良かった点だと思います。しかしながら、全員が声を出せていない、取り所で取り切れていないなど、まだまだ次の試合に向けて改善しないといけないところが多くあるため来週の3回戦に向けて改善していきたいと思います。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、会場運営をしてくださった伊丹北高校様、対戦してくださった尼崎工業高校様ありがとうございました。