【阪神2部リーグ】第18節 試合結果

@西宮東高校

vs西宮東高校

0(0-0)0

56″ IN DF湯川
OUT FW植村
60″ IN FW信定
OUT FW桑野
61″ IN FW頭井
OUT 橘田

2019年度阪神2部リーグも最終節となり、上位4チームで昇格を争う状態。なんとか昇格圏内にのこっているものの、上位が団子状態にあるため昇格するためには、この試合で勝利することが絶対条件でした。
合宿などの試合が続き、連戦の中迎えたこの試合、怪我人も数名いたため、普段通りのメンバーとは言い難いメンバーで挑みました。この試合は、合宿明けの試合であったため、合宿で調整した戦術などを実践することを念頭に置き試合をするという課題を持ち試合に臨みました。さらに、チームの目標である「1部リーグへ昇格」をかけた大事な試合のため、試合に出るメンバーは、チームからの鼓舞激励を受け、試合に臨みました。
前半の最初から相手にペースを握られ、思うようにパス回しをさせて貰えず、苦しい試合展開になりました。
前半の終盤になると、やっと甲南がペースを握ることができ、7番濱口、14番田中、10番宮内が中心となり、果敢に相手コートでプレーをしてチャンスを作りますが、大事なところで決めることができず、気持ちとして苦しい前半になりました。
後半は、連戦の疲れや暑さにより、からだのキレも悪くなり、なかなかセカンドボールを自分たちのプレーに繋げることができず、前半の序盤と同様に相手にペースを握られ続けます。何度も相手に自陣コートに攻め込まれますが、39番霜下のナイスセーブにより相手の得点を許しませんでした。終盤に息もつかせぬ攻撃を仕掛けますが、試合終了のホイッスルが鳴り、あえなく無得点で引き分けという形で終わってしまいました。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。

2019高円宮杯阪神2部リーグ戦 星取表 8月4日 最終節

2019阪神リーグ 2部星取表(最終順位)

【阪神2部リーグ】第17節 試合結果

@川西緑台高校

vs鳴尾高校

1(1-0)0

27″ FKから得点

35″ IN MF田中
OUT MF植村
60″ IN FW信定
OUT FW佐々木

この日は、試合前から雨が降り続きグラウンド状況が悪い中試合が行われました。前半のキックオフは鳴尾高校ボールでスタートしました。前半開始から甲南はパス主体で時折ロングボールを使って攻撃を展開していきましたがそれに対し鳴尾高校はロングボールを多用して攻めてきました。開始10分はお互い様子を見つつ甲南が先にこの試合一本目のシュートを放ちます。その後はボールが運びづらい中一進一退の攻撃が続きなかなか試合が動きませんでしたが27分に、ペナルティーエリア手前でFKを獲得し、10番の宮内がゴール左隅へと決め先制点をとることができました。その後もペナルティーエリア内の混戦から決定的なチャンスが生まれましたがゴール目前でのオフサイドなどもあり追加点を奪うことが出来ず1-0のまま前半を終えました。後半に入ってもお互い攻撃スタイルを変えることなく相手ゴールを目指していました。ぬかるんだところでのバックパスを何度か奪われカウンターからピンチを迎えますがセンターバックを中心にシュートを打たれる前にボールを奪うことができ難なくピンチを切り抜けます。試合終了間際にも左サイドの10番宮内がシュートを放ちますがクロスバーに直撃しこぼれ球も押し込むことが出来ずボールがコート外に出たところで試合終了のホイッスルが鳴り1-0のまま勝利しました。この試合の無失点の要因は相手のロングボールに対応できたことが無失点に繋がったと感じました。今期リーグ戦も残り1試合となり暫定順位は3位となっており、昇格目指していきます。次節も応援よろしくお願いします。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。

【阪神2部リーグ】第16節 試合結果

@伊丹西高校

vs宝塚東高校

3(2-0)0

1″ 相手のミスから得点
21″ FWの動き出しからシュートで得点
55″ 敵陣地でボールを奪い得点

41″ IN FW宮脇
OUT FW宇田
41″ IN FW植村
OUT FW東野
62″ IN DF矢持
OUT DF辰馬
62″ IN DF湯川
OUT DF北
62″ IN GK朝山
OUT GK霜下

前半のキックオフは宝塚東高校ボールでスタートしました。開始1分には、FW10番の宮内がDFラインにプレスに掛けて行きます。そのプレスが功を奏し、バックパスを奪うことに成功します。そのままダイレクトシュートで相手ゴールへしっかりと決め甲南が先制点をとりました。そのゴールから自分たちのペースを掴み甲南が試合の主導権を握り始めます。続いて21分には、左サイドからパスで繋ぎFWの連動した動き出しから45番宇田がしっかりとゴールを決め2点目を奪います。その後も甲南ペースでのボールを回す時間が続き相手のカウンターにも対応することができ2-0のままハーフタイムを迎えました。後半に入っても甲南ペースで相手陣地へ攻める回数が増えていきますがなかなかシュートまでは繋がらず追加点が入りませんでしたが55分に10番宮内のシュートが決まり3点目が入れることができました。その後は前半の修正点も修正してディフェンスをすることができ前後半合わせて相手のシュートを2本に抑えることができたので無失点で試合を終えることができました。次節も応援よろしくお願いします。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。

【阪神2部リーグ】第15節 試合結果

@西宮今津高校

vs西宮今津高校

1(1-1)1

33″ 相手の裏へ抜け出し得点

56″ IN FW信定
OUT FW桑野
60″ IN DF矢持
OUT DF湯川

この試合は、試合前から雨が降り続いておりグラウンドもぬかるんでいる中試合が行われました。前半開始から転がりにくいグラウンド状況を見て自分たちのパスミスを狙われピンチを迎えますがなんとか守りCKへと続きます。CKの6分には、競り合ったことでオウンゴールで失点してしまい先制点を与えてしまいます。失点からの切り替えが上手くできた甲南は得点を狙うべくダイレクトパスなどで攻撃のリズムを作り始めます。7番浜口が相手のペナルティーエリア内へ深く侵入しラストパスを送りましたがシュートはゴールの枠を越えチャンスを掴めませんでした。その後も球際には両チーム強さを見せ相手のミスを狙い一進一退の攻撃が続きます。前半終了間際の33分には、右サイドの20番樋口が上手く相手の背後を取りワンタッチシュートを放ち同点になります。同点に追いつけた状態で前半を折り返します。追いつけた事によりチームの雰囲気も非常に良いまま後半へと入る事ができました。甲南はFWのポストプレーから攻撃のリズムを作りたかったのですが思うように決まらずボールを失うシーンが多く見られました。要所をしっかりと守ることでピンチを作りませんでしたがCKやFKなどのセットプレーでは度々フリーな状態でシュートを打たれることがあり危ない場面も何度かありました。刻々と試合時間が流れていく中後半はシュートを1度も打つことなく試合が終わってしまい1-1という結果に終わりました。勝ち点3を取れず痛い引き分けとなってしまいました。次節も応援よろしくお願いします。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。

【阪神2部リーグ】第14節 試合結果

@西宮東高校

vs宝塚高校

0(0-0)0

前半開始から両チームFWへ向けたロングボールが多く使われていた状態が10分ほど続きます。そこからだんだんとボールが収まってきた甲南はボランチを中心にボールをつなぎ始め攻撃の起点とし、スルーパスからゴールを狙う意識を持っていました。それに対し宝塚高校はショートパスからロングボールを前線に放り込む形を続けていました。甲南は相手のロングボールを封じるために前線からプレスをかけてボールの球際には2人で奪いにいき球際の強さを見せていきました。ボールを奪ったあとに素早いカウンターを仕掛けて行きたかった甲南ですがなかなか前線との距離感がかみ合わず攻撃に時間がかかり結果ボールを奪われてしまうシーンが多く見られました。守備面では、ロングボールの対応をセンターバックやキーパーの声などを中心に行い冷静な判断でチャンスを作らせませんでした。両チーム先制点を狙い攻撃を続けていきしたが両チームゴールネットを揺らすことなく前半を終了します。後半に入ってもボランチからのスルーパスに加えセンターバックからウイングへのロングボール中心に攻めていきます。後半では攻撃でのパス精度を欠きボールを失う回数が増していくのに加えて相手の粘り強い球際に負けてしまうことが見られそこから細かいパスでペナルティーエリア内に侵入しフリーな状態でシュートを打たれてしまいますがGK霜下のビックセーブもありゴールを許しませんでした。時間が過ぎていく中ボランチとFWの動き出しがベストなタイミングで合うこと少なく最後まで得点出来ることなく試合が終わってしまいました。スコアは0-0となっています。次節も応援よろしくお願いします。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。

【阪神2部リーグ】第13節 試合結果

@川西緑台高校

vs西宮北高校

1(0-0)0

32″ IN FW橘田
OUT FW水落
35″ IN MF宮脇
OUT MF信定
39″ IN FW鮫島
OUT FW田中
51″ IN FW関尾
OUT FW桑野
58″ IN FW谷
OUT MF樋口

前半は甲南ボールからスタートで始まりました。前半から甲南らしいショートパスで繋ぎながら試合を組み立てて行きました。それに対して西宮北高校はカウンターから一気に前線へロングボールを使って攻め込むというパターンでした。甲南は、サイドバックも果敢に攻撃参加して攻撃枚数を揃えて行きましたが、FWとの連携が上手く行かず攻めあぐねていました。サイドバックの攻撃参加によって守備の枚数が3枚になっているところを突かれてカウンターをされましたががセンターバックを中心にシュートまで行かすことなく守ることができました。前半から多くのファールを与えてしまいセットプレーからのピンチは多くありましたが運良くゴールには繋がらず攻撃に転じても自分たちのしたいプレースタイルを一切出来ることなく前半が終了してしまいます。後半ではアグレッシブルに前線からプレスを心がけて後半へと入ります。後半開始から前半の内容を踏まえたこともありパスの回りが良くなります。相手はボールを運びながら攻めてきますが中盤の運動量、アグレッシブルなプレスによってボールを奪うことができゴールを目指しますがなかなか点は入らず一進一退な攻撃が続きます。なかなかスコアが動きませんでしたが、60分に、ペナルティーエリア内で倒されPKを獲得します。このPKを7番浜口が落ち着いて決めて先制点をとりました。その後も前線からのプレスが功を奏し試合の主導権を握ることができ上手く時間を使います。試合終了のホイッスルが鳴り1-0で勝利することができました。高2の修学旅行の影響で試合に出た高1も含めて総力戦で勝ち、貴重な勝ち点3を得ることができました。次節も応援よろしくお願いします。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。

【阪神2部リーグ】第11節 試合結果

@伊丹西高校

vs川西緑台高校

1(1-0)0

29″ 相手のミスを誘い得点
63″ 裏へ抜け出し得点

60″ IN FW橘田
OUT FW宇田

前半開始10分は両チーム相手の様子を伺い積極的な攻撃はなくロングボールを使って攻撃を展開していきました。川西緑台高校はロングボールに対して空中戦の強さを発揮していましたがセカンドボールを甲南が確実に拾うことで試合の主導権を譲ることなく攻撃のリズムが出来始めます。その後もボランチのパスから攻撃を組み立てていきますがなかなか相手陣地深くへ侵入出来ず攻めあぐねていました。しかし、29分には、相手のDF陣のミスを狙っていた40番上杉が相手のミスにつけ込み先制点を奪うことに成功します。その後も左右両サイドへのスルーパスからゴールを狙いますが要所をしっかり守られ追加点を得られず前半を1-0のまま折り返します。後半からは前線からの激しいプレスで強い守備意識を持ち甲南のボール保有時間が増えていきます。前線からのプレスによりショートカウンターを何度も仕掛けていきましたがなかなかゴールの枠を捉えられませんでした。相手も得点狙って2列目からの動き出しで多くのロングボールをDFラインの背後狙って放り込んで来ましたが前半のように思うように空中戦での強さを見せられることなく確実にはね返していくことができました。69分には、シンプルに1本のロングボールから9番橘田が快速を飛ばし豪快なシュートを打ち込み追加点の2点目を獲得しました。その後は得点動かず2-0で快勝しました。次節も応援よろしくお願いします。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。

【阪神2部リーグ】第10節 試合結果

@西宮東高校

vs伊丹西高校

0(0-0)0

56″ IN FW橘田
OUT FW宇田

前期では4位という順位につけ昇格目指して後期最初の試合に臨みました。前半の序盤では、相手が使うロングボールを跳ね返しセカンドボールを拾い相手の様子を見ながら攻めていました。相手のスローインからペナルティーエリア内に運ばれシュートまでの形を作られピンチを迎えますがキーパーのセーブにより得点を許しませんでした。甲南も徐々にボールが繋がりだし早い縦パスを通し40番上杉のポストプレーを中心に相手陣地でのボール支配ができ出しました。右サイドを中心に敵陣深くまで攻め込みます。しかし、決定機になるような場面は作れずなかなかシュートまで行くことが出来ませんでした。前半は得点することは出来ませんでしたが相手の攻撃の芽を上手く摘むことが出来たので失点もせず0-0で前半を終え後半へと続きます。後半開始から、2列目の動きや流動性を意識して敵陣で攻め続け甲南が圧倒的にボール支配をすることができました。ボランチからのパスで攻撃のスイッチが入りシュートまで行こうとしますがいい形でシュートを打たせてもらえることはなくなかなか先制点が入りませんでした。その後もスペースを意識したパスから攻撃を組み立てますが決定機を演出出来ずボールを取られた後のカウンターからドリブルを仕掛けられますが難なく防ぐことができ失点はしませんでした。両チーム得点なく0-0の引き分けで試合終了しました。今期リーグ戦2度目の無失点でしたが勝利することができませんでした。次節も応援よろしくお願いします。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。

【インターハイ】3回戦 試合結果

@灘高校

vs飾磨高校

0(0-0)4

36″ クロスボールのこぼれ球から失点
50″ カウンターから失点
58″ DFラインでボールを取られ失点
60″ パスから失点

58″ IN MF鮫島
OUT MF樋口
62″ IN FW橘田
OUT FW谷

前半開始から両チームFWめがけロングボールを多用します。甲南は競合いでのセカンドボールを拾ったところから攻めることができ、コーナーキックを獲得しますが得点にはなかなか結びつきませんでした。その後も中盤ではボールを回すことのできた甲南でしたがFWとの連携がかみ合わず自分たちの攻撃ができませんでした。一方飾磨高校は攻守の切り替えが早く奪ったボールを運びFWの落としたボールでシュートを枠内に放ちます。なんとか失点は許さず前半を0-0で折り返します。先制点を目指していた甲南ですが、36分に飾磨高校のカウンターからクロスボールが入り弾きますがこぼれ球を押し込まれ失点します。同点にしたい甲南は中盤を起点にパスやドリブルを仕掛けていきます。しかし、50分にはコート真ん中でボールを奪われ速いカウンターを受けてしまい失点してしまいます。点差を広げられたことによって前がかりになっている甲南は58分、自分達のミスから痛恨の3失点目を許してしまいます。勢いに乗った相手を止めることが出来ず60分にも4点目の追加点を取られてしまいます。1点を返したい甲南は中盤からサイドに展開し相手ゴールに迫りますがサイドからのクロスボールを弾かれシュートまでいくことができません。ドリブル突破には組織的に人数をかけられ思うように攻めることが出来ず試合が終了してしまいました。0-4と内容も良くなく惨敗に終わりました。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。