【阪神2部リーグ】第2節 試合結果

@西宮北高校

vs県立宝塚

2(1-0)0

29″ 20番樋口がセンターリングのこぼれ球を決め得点
60″ 40番上杉のミドルシュートが入り得点
67″ パスから持ち込まれ失点

60″ IN MF宮脇
OUT MF樋口
65″ IN MF佐々木
OUT MF東野

前半から、ロングボールや細かいパスから相手ゴール目指して攻めていき、敵陣のサイドから何度かセンターリングを入れシュートまで持っていきますがなかなか得点には繋がりません。しかし前半29分にはサイドからのセンターリングのこぼれ球に反応した20番樋口がシュートを決め先制点を取ります。守備では、前日の雨の影響もあって細かいパス繋ぎに精度を欠き何度かピンチになりますが満足した形でシュートを打たせず失点を許しませんでした。そのまま無失点で前半を折り返します。後半開始とともに追加点の2点目を狙いに行きます。サイドからの攻撃を中心に相手ゴールへ迫っていたところ60分には、40番上杉がミドルシュートを決め2-0になります。2点では満足せずに3点目を狙っていましたが、67分には相手のカウンターでペナルティーエリア内への侵入を許してしまい失点します。その後は、相手陣地での攻撃が続き攻め込む時間が続きますがなかなか得点には繋がりませんでした。そのまま試合終了のホイッスルが鳴り2-1で勝利することができました。
前節での敗戦からしっかりとミーティングを行いプレーにも修正が見られた試合になりました。次節も応援よろしくお願いします。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。

【阪神2部リーグ 第1節】試合結果
@甲南高校

vs西宮東高校
1(1-0)2

5″相手のミスから得点
40″ FKから失点
62″ パス回しから失点

35″ IN DF辰馬
OUT MF谷
51″ IN FW橘田
OUT DF樋口
55″ IN DF北
OUT DF中島

1部昇格を目標にチームの士気が高い状態で試合に臨むことができました。前半開始から相手チームの背後を狙うボールが両チーム多く見られました。前半の5分には、ペナルティーエリア付近で相手のミスを狙っていた40番上杉がボールを奪いそのままゴールを決め先制点を取ります。しかし、その後は西宮東に攻め込まれる時間が続きましたがシュートまで持ち込ませず失点を許しませんでした。そのまま1-0の勝ち越している状態で前半を折り返します。前半はシュート2本に抑え込まれていて突破口をハーフタイムに話し合い後半へと続きます。後半には度々自陣でファールを与えてしまっていたところ、40分に与えたFKから失点してしまい同点になってしまいます。その後も一進一退の攻撃をしていたところ62分には自陣で細かいダイレクトパスからミドルシュートを決められ逆転されてしまいます。その後は何度かチャンスを作りますが得点には繋がらず試合終了。1-2のまま敗れてしまいました。セットプレーの弱さが目立っており、課題が見つかった試合になりました。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。 さらに読む

【新人大会 県大会2回戦】試合結果

@城山公園

vs舞子高校

1(1-2)4

9″DFが抜かれてそのまま失点
28″ FKから7番濱口が押し込み得点
35″ PKから失点
47″DFのミスから裏へ抜け出され失点
70″CKのこぼれ球を決められ失点

前半開始から舞子高校の早い攻守の切り替えにより自陣への攻撃を許していた中、9分サイドチェンジをするロングボールから一対一で容易に抜かれてしまいそのまま失点。与えてはならない先制点を許してしまいます。甲南は単調な攻撃でなかなかシュートまでいくことができない中、相手の背後をとった9番橘田が倒されFKを獲得します。FKから7番濱口が決め同点に追いつきます。その後も縦に速いサイドの攻撃に苦しめられ、前半終了間際にはペナルティーエリア内で相手を倒してしまいPKを決められて逆転を許します。前半は1-2で折り返し後半へと続きます。後半は47分、カウンターのロングボールに背後を取られ、DFの連携ミスにより失点します。まず1点を返したい甲南は何度か舞子ゴールに迫りますがバー、ポストに阻まれ得点には繋がりませんでした。その後、試合終了間際CKからこぼれ球を決められ失点。そのまま試合終了のホイッスルがなり1-4で敗れました。この試合内容、課題をしっかりと見つけ出し2月3日から行なわれるリーグ戦に臨みたいと思います。リーグ戦でも応援よろしくお願いします。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。

中学U13大会 芦屋予選

準決勝

対精道・芦屋国際合同

3(1-0)0

決勝

対芦屋学園FC

0(0-1)3

個々の技術力、走力とも相手が上回っていました。これからの選手たちです。良い刺激に変えて努力して欲しいと思います。

【新人大会 決勝トーナメント2回戦】試合結果
@尼崎小田高校

vs尼崎双星

0(1-2)0

11″DFが抜かれて失点
25″ FKのこぼれ球を押し込まれ失点
32″ 9番橘田がゴール隅に決め得点

54″ IN DF鮫島
OUT DF桑野

前半開始から尼崎双星のロングボール、ワンタッチパスで攻め込まれピンチが続いていた中11分DFのミスからループシュートを決められ失点。先制点を許します。25分には、自陣でのフリーキックからこぼれ球を相手に押し込まれ失点、0-2になります。反撃したい甲南はFW陣を中心にゴールを狙いに行くなか、32分8番田中の絶妙なパスに反応した9番橘田がゴール隅に決め1点を返します。その後も甲南はセットプレーからチャンスを作りますが得点には繋がらず前半終了、後半へと続きます。
後半には、前がかりになっている甲南の裏へのロングボールで攻め込まれることが何度もありましたがDF陣が相手の攻撃を止めることが出来ていました。その後はコーナーキックではピンチがありましたが失点もせず甲南が何度も攻撃を繰り返し、相手陣地での攻撃が続きますが得点できず試合終了のホイッスルがなってしまい1-2で敗北を喫しました。1点が非常に遠く感じた試合になってしまいました。試合結果により阪神支部ベスト8で終わりました。この試合の反省点、課題をしっかりと修正して県大会に臨みたいと思います。県大会でも応援よろしくお願いします。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。

【新人大会 決勝トーナメント1回戦】試合結果
@芦屋学園

vs尼崎小田高校

2(0-0)0

41″7番浜口がコーナーキックから得点
67″ 7番宇田がキーパーとの1対1で決め得点

56″ IN MF谷
OUT MF東野
69″ IN DF桑野
OUT DF北

この試合に勝つと県大会出場が決定するという大事な試合にチーム一丸となって試合に臨みました。
前半では、選手たちの距離感やパスの精度を欠きパスがなかなか繋げられませんでした。
対して、カウンターを狙っていた尼崎小田の攻撃で何度かピンチを作るもDF陣とキーパーにより得点を許しませんでした。甲南は、シュートまで形を作ることが少なく5本のシュートで前半を折り返します。
ハーフタイムにはもう一度円陣を組みチームの士気を高め後半に入ります。
41分に、甲南のコーナーキックから7番浜口が頭で合わせて得点。甲南に待望の先制点が入りました。徐々にリズムが作れてきた甲南は67分に、キーパーとの1対1まで持ち込んだ11番宇田が決め2-0となります。その後も相手陣地での攻撃を繰り返しますが追加点には繋がらずなかなか点が入りませんでした。尼崎小田のシュートを3本に押さえ込み、そのまま試合終了しました。甲南の県大会出場が決定しました。県大会でも応援よろしくお願いします。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。

30年度 中学芦屋市内リーグ戦

第1節 12月8日
対潮見中学  8-0

第2節 12月15日
対山手中学  1-1

2018・2019年度 芦屋市内リーグ対戦結果・順位表

【新人大会 第3試合】試合結果
@川西北陵高校

vs宝塚東

2(0-0)0

36″11番宇田がPKを決め得点
49″ 9番橘田がキーパーとの1対1で決め得点

46″ IN MF樋口
OUT MF宇田
59″ IN GK朝山
OUT GK霜下

甲南は、第3試合の宝塚東戦に勝つと決勝トーナメントに進めるという状態で試合に臨みました。
開始早々ピンチが続きますがDF陣のしっかりとした対応でゴールを許しませんでした。反撃に出たい甲南でしたが、守備で奪ったボールを上手く繋げず相手陣地への侵入、シュートまで持っていくことがなかなか出来ませんでした。前半は両チームとも得点は無くムードがあまり良くなかった甲南はハーフタイムに改善点を話し合いチーム一丸となって勝つという気持ちを持って後半に望みます。
後半の36分、11番宇田がペナルティーエリア内で倒されPKを獲得、しっかりと決め待望の先制点を取ります。49分には、中盤からのパスから抜け出した9番橘田が決めて2点目。その後も甲南の攻撃が続きますが宝塚東のゴールネットを揺らすことができませんでした。しかし、宝塚東に満足に攻撃させることなく試合終了しました。ハーフタイムでの話し合い、チームの勝ちたいという意思が鍵になった試合でした。その後の他のチームの結果により甲南はグループ1位で決勝リーグ進出が決定しました。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。

平成30年度兵庫県高等学校サッカー新人大会 阪神支部予選 リーグ戦 試合結果 12.16

五私学大会 試合結果
1日目
対六甲中学 0(0-1)1
対関西学院中等部 0(0-0)0
2日目
対灘中学 0(0-0)0
対甲陽学園中学 0(0-1)1

2連覇を目標に臨みましたが、4位で終わりました。
シュートを打ってもゴールが遠く得点0という結果で終わりました。
応援いただいた保護者の方々、関係者の方々有り難うございました。

五私学対抗戦(2018)1125結果

【新人戦大会 第2試合】試合結果
@西宮南高校

vs鳴尾

3(2-0)0

3″9番橘田が裏へ抜け出しシュート
14″ こぼれ球を10番上杉が押し込みゴール
33″ 裏へ抜け出した10番上杉がループシュートで得点

42″ IN DF中島
OUT DF桑野

選手全員がモチベーションの高い状態で試合に臨むことができました。
前半は3分、8番田中のパスに反応した9番橘田が相手の背後を取り、キーパーとの1対1を決め甲南が先制点。14分、甲南が攻め込んでいたところ18番谷のクロスのこぼれ球に10番上杉が反応し貴重な追加点を取ります。2-0とリードしたまま前半を折り返します。
後半開始早々33分、10番の上杉が裏へ抜け出しループシュートを決め3-0とさらにリードを広げます。ディフェンスでは高い集中力と運動量で満足に攻撃をさせず、攻撃では貪欲に4点目を狙いに行きますが追加点は入らずそのままゲームは終わり3-0で勝利しました。前回試合の改善点がしっかりと修正出来た試合内容でした。

応援に来ていただいた保護者の皆様、ならびに関係者の皆様、ありがとうございました。